陰ながら支えていくネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアの仕事内容は、決して目立つものではないです。
本来は当たり前の使用されているネットワークを監視する事で、快適に使用できるように整える事が仕事です。
その為、トラブルやアクシデントが発生した際に、速やかに解消できないと大きな批判を受ける事もあります。
しかしうまくトラブル対応を行う事ができれば、多くの方が快適にネットワークを使用できます。
陰ながら支えていくのが、ネットワークエンジニアとしてのやりがいを感じる部分です。

ギャップとして、サポート側に回る事が多いので、地味だと感じる事も多いです。
しかしネットワークの監視などを実施するエンジニアがいないと、快適にネットワークを使用する事ができないです。必要不可欠な仕事にもなっており、多くのインフラ環境を支える重要な役割を持っています。
ここで一定の成果を出す事ができれば、監視だけではなく構築などの仕事にも携わる事が可能です。
対応力と専門的な知識が求められますが、監視を行っている時間にも空き時間が発生します。

そこで対応力や専門的な知識を高めていく事で、短い期間で成長する事ができます。
上流工程の仕事を行っているネットワークエンジニアは、このような努力を行っている事がほとんどです。
目立つ仕事ではないですが、一生懸命仕事をする事で限りなく成長していけます。多くのギャップを感じるかもしれませんが、ネットワークの仕事に携わる事で、徐々に慣れていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です